屋根工事

屋根工事について

葺き替え工事
屋根の葺き替えとは、今ある屋根を撤去して、新しい屋根に交換する工事のことを指します。
既存の屋根を一度取り払うので、下地部分に不具合があれば、併せて補修できるのが葺き替えの大きなメリット。
防水紙や野地板といった、カバー工法では手入れできない部分もしっかり確認し、メンテナンスすることができます。

 

カバー工法
カバー工法は古い屋根を新しい屋根で覆う工事です。
既存の屋根を撤去しないため、コスト面・工期面で葺き替え工事よりも優れています。
短所としては、建物の重量が重くなることで耐震性が弱くなるということと、不具合がでた際に一度カバー工法で付けた屋根を取り外す必要があるところです。

 

雨樋(あまどい)工事
雨樋とは屋根の雨水を地上に排水させるためのレールのようなパーツです。
主に屋根のフチに設置されています。
雨樋は、常に雨風にさらされているため、気がつかないうちに破損していることがあります。
機能が正常に果たされなくなると、雨が溜まり、雨漏りやカビの原因になります。
屋根工事の際は、こちらの雨樋いも合わせて点検いたします。

 

板金工事
「板金」とは、スレート系の屋根材同士をつなぎ留めるのに使われている金属板のこと。
トタン壁・棟包み・水切り・庇など、様々な建物で使われています。
建物の重要な箇所で使われ雨水の流れを変える雨仕舞いになくてはならない工事です。

 

屋根塗装
屋根塗装の一番の目的は防水です。
もちろん、見た目の美しさという意味で「美観」も大切ではありますが、やはりメインの目的は防水です。
最近では断熱・遮熱効果を持つ塗料など、暮らしに役立つ機能を兼ね備えた塗料もございますので、お客様のご要望に合わせたご提案が可能です。

【電話番号】090-9045-9790
【営業時間】9:00~20:00
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】大津市を中心に滋賀県西北部、京都府に対応

一覧ページに戻る