造成工事・基礎工事

基礎工事の工法

ベタ基礎
建物が建つ予定の場所をほぼ全面コンクリートで覆い、面で支えるのがベタ基礎です。
木材ではなくコンクリートなので、シロアリ対策にも優れています。
また、不同沈下にも強く、比較的短い工期で施工可能なことから人気のある工法でもあります。

欠点として、家の建つ部分のほとんどをコンクリートで支えることから、必然的にコンクリートの使用量が増え、資材コストが、他の基礎工事よりも高くなってしまいがちです。

 

布基礎
家の建つ箇所全体でなく、「家の外周部分のみ」や「間仕切りの壁や柱が入る部分」を中心に支えるのがこの布基礎です。
近年ではベタ基礎が主流ではありますが、地盤がしっかりしている土地、既に丁寧に地盤改良がおこなわれている土地であれば、全体をコンクリートで覆わなくても安定します。

布基礎であっても、居室下部にあたる部分には防湿シートや押さえコンクリートを使用しますので、湿気が気になる方でも安心してお選びいただける工法です。

 

独立基礎
建物の主要部分以外でも、基礎が必要となるケースがあります。
独立基礎は玄関のポーチを支えたり、デッキ部分を支えたりと、独立して支えが必要な部分に使用する工法です。

新築で毎回使われる工法ではありませんが、家の造りによっては必要となることがある住宅基礎です。
上記の「ベタ基礎」「布基礎」と違い、連続せず点として支えるのが基本です。

【電話番号】090-9045-9790
【営業時間】9:00~20:00
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】大津市を中心に滋賀県西北部、京都府に対応

一覧ページに戻る